建物に寄り添う工匠をめざして

私が気になり、又 新に見知った事を自由な観点で雑記として綴っています。 あなたは 建物が好きですか? 私はすごく好きです。 施主様自身が建物について想いを巡らせるのも 考えが凝り固まった専門業者より面白い発想が生まれ出るかもしれません            

建築は専門業者だけが考える物ではありません。もちろん根本は専門業者で専門の知識 基本のルールと言った押えなくてはならないPointはありますが 業者任せにしないで なぜ? どうすれば・・・? のひらめきを大事にして建物と恋愛する様に考えていけるきっかけになればいいなと考えています。一緒に建築に想いを巡らせていきませんか・・・  

雑記 no.53 感嘆。 想いつかなかった考え。

外装が痛んだりつぶれているが安全に食べれるもの 十分に消費期限が無く販売出来ない物などを 企業から無償で提供していただいて 本当に困っている人に提供しようと取り組んでるフードバンクというプロジェクトがある事は私も知っていました  

コロナ禍で 仕事が無くなり食料を買う事さえ出来ずに困っている人の最後の希望ともいえる活動・・・ 過日 業者さんとの雑談の中で スーパーに買物に行くと 袋詰めカップラーメンを買って店内に設置されているフードバンクのボックスに入れてくるんです・・・ 小さい金額なんでと聴かされ 考えさせられました  スーパーに行く機会はあまりないとは言え 私は活動自体は知っていましたが 参加する発想はありませんでした 素直に すごいなっと想え感嘆に尽きると 脱帽です 

雑記 no.52 うらやましい。

数年前から広く世界から人を募って進められて来ました原寸大のガンダムを動かすプロジェクトがとうとう横浜で一般公開となりました。 

あれほど大きな重さの物を動かすモーター等 有り得るのか?と思っていましたが 様々なアイデア 技術を駆使し動かした人達がいます。 常識にとらわれず 過去に出来なかった事を出来る事にした人達に 純粋にすごいと・技術屋として参加された方達がうらやましく感じました。 扱っている業種が違いますが 私達も過去の常識にとらわれず 色んな事にチャレンジしなければっと考えさせられました。

雑記 no.51 みらいの大人達の為に動き出した人達。

いままでも 数多く社会の為に頑張っている方がいたと思いますが ここ数年 人の為と言うよりは地球全体の為の取組をしている人達の話を良く耳にします

このアイスバッテリーもそうです 従来の様に冷やした保冷剤が冷えてる間 周りを冷やしていると言った感じではなく アイスバッテリーを冷蔵庫で10~12時間冷却し運搬する商品と一緒に専用ボックスやカートに入れると 最長190時間  -25℃~+25℃の一定温度で  生鮮食品に最適な湿度80%~90%での搬送が出来ると言います 色分けされたプレートで保持する温度帯を区分けしてあり 物流の在り様が変わって来そうですね コロナウィルスのワクチンも保冷状態が重要になるようですので 今後注目したいところです    アイ・テイ・イー(株)製品内容転載

雑記 no.50 色んな所で 取り組んでいる人達がいます。

地球環境の悪化に対し このままでは いけないと全世界的に環境の保全を唱え・目を向け活動が始まって来ました。コンビニ等で無料配布していたビニール袋の有料化もその一つですね。それに関連してと言うか 日本のTBMと言う会社が石灰石を主原料として紙とプラスチックの代替商品を開発しました。

プラスティックの生成の為の原油が使われない 紙の生成時に使われる水の使用量の削減等 次世代の新素材となりうるLIMEXと言う製品 紙の代替えとして使われた場合 高品質であり 耐水性を備え 水中でも書けるという 高耐久でありリサイクルにむけた再生ペレット化が可能であるという すでにコンビニ・ファミレス 自治体等で採用が進んでいるそうですので今後 期待されているそうです。 ただ プラスティックごみの様に海洋ゴミになった場合は自然界での分解が しにくそうな所がちょっと気になりますが・・・・ (株)TBM 製品内容転載

雑記 no.49 意外と知られていません・・・

お客様に床の汚れが落ちないので見て欲しいと言われて伺ったところ あぁ これは汚染によるもので床材の内部に浸透しているから張り替えるしかないです・・ 

本職の床屋さんでも知らない人がいたりしますがビニル系の床材は汚染による変色がしやすい材質です 私自身も過去に出た事があります。 下地の段階でいつもビス穴等を埋める際 油性ペン等のマーキング等を塗り潰してから床貼りを行っていますが 潰し洩れの油性ペンの後が浮き出た事があります それ以外にも塩ビ配管の接着剤の着色成分 または施工後に ビニル系なので拭けるからっと簡単に思いがちですが お客様の使用によるキャスター等のゴムによる変色等 薬品等による変色等 知らないと中々扱いが難しいですね 

雑記 no.48 埃と責任・・・

現在、中央自動車道で進められている耐震補強工事の工事で鉄筋を入れていない手抜き工事の疑いがあることが報道されました。二次下請けで工事を手掛けた建築会社会長が、実名を明かして詳細に証言・告発したそうです。この会社は途中から工事に加わったそうですが  工事を終えたばかりの橋脚の下に、鉄筋が野晒しになって放置されているのを発見。橋の強度を上げるために使う鉄筋が、こんなに沢山余るはずがない・補修したコンクリートの中に鉄筋が入っていないのかもしれないとの思いが頭をよぎり 元請の現場担当者に伝えると、「鉄筋が余っているなら、早く片付けろ」とだけ さらに後日、反対車線側の橋脚でも、鉄筋が一部入っていないことに現場責任者が気付いていたがやり直しはなされなかったそうです 仕事の関係性と言う事も有り 今後の事等考えてしまうと 勇気がいったと思います。何のつもりでその様な手抜きがなされたのか分かり兼ねますが 一般の人が出来ない建築と言う仕事を生業にしている埃と責任を自覚しなくてはいけないと改めて考える事案でした

記事原文

雑記 no.47 問・今から何をしますか?

「1.5℃目標」達成・達成 (環境省動画)
「1.5℃目標」達成・達成  (環境省動画)

環境省が「2100年未来の天気予報」の新作版を公開しました。 専門家によると このまま有効な対策を執らずに地球温暖化が進行すると、2000年頃からの平均気温が最大4.8℃上昇すると予測されています。
本動画は、気候変動政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書のRCP2.6とRCP8.5のケースを想定し、また、最新の気象状況等を踏まえ、産業革命以前からの気温上昇を1.5℃に抑える目標を達成した2100年と、達成できなかった2100年の天気予報です。※RCPとは、(代表的濃度経路)のこと。
RCP2.6は温室効果ガス排出が最も低いシナリオ、RCP8.5は温室効果ガス排出が非常に高く、世界の平均気温上昇が最も大きくなりうるシナリオです。環境省では より多くの方にご視聴いただき いま一度 考え行動するきっかけになればと 本動画を 公開しているそうです。 ホントに他人事では無いですねぇ

雑記 no.46 他人事じゃない。

環境への負荷を減らすべく高性能住宅を推進する為の研修会に参加して来ました。

その研修会の中で深く印象に残った映像を紹介します。 ミドリムシの生態などから多くの環境問題に取り組んでいるユーグレナ社さんが子供に本音のインタビューをした映像です。 未来に大人になり 子を宿す・その時をどう感じるのかと言った趣旨から  今 大人の人は今まで無事だったからもういいのではと言った感の振舞いだが これから未来を生きていきたいと考える自分たち子供は 今 考え 動かなければと 不安をぬぐう事が出来ないと言った想いでした。私は社会に出て30年ちょっとになりますが この30年 快適さを得た半面 無軌道な環境悪化を招いた時期と感じました。現在の消費型社会の中 消費する為の社会構成を覆す事が難しいとは言え 今 社会を形成している大人の一員として大きな責任を感じ むずかしい事からではなく 今 すぐに考え・動かなければと感じました。 研修会から帰って来て再度動画を見返して目頭が熱くなり 今 生きている私達の生活ではなく 未来を生きていく子供たちや動植物の為にも 物創りを仕事としている大人として考えなくてはと再認識いたしました。 環境悪化の連鎖を断つ事はむずかしい所まで来ていますが自分に出来る事 私にとっては建物を介してお客様と環境の事や消費が少ない生活の話等をして 個人の枠組みでも 出来る事をしていこうと考えさせられました。 未来の大人たちの映像に興味があるようでしたら ユーグレナ社さんの動画を貼っておきますので御覧ください。  

雑記 no.45 悲痛な今・・ 意識する未来

新型コロナウィルスの世界的な蔓延により 人の経済活動が止まりかけています。 人との接触 移動の自粛 制限により大量生産大量消費社会が始まって以来初めて生産活動を止めてコロナウィルスの終息を願っています。 他人事ではなく たくさんの人が重篤に 又お亡くなりになり悲痛な感情で過ごす日々を送っています。その中で一つだけ解った事が有ります。 こんな書き方でいいのか疑問ですが 人間の大量生産大量消費社会が 2週間という わずかな期間停止しました。 それにより世界の大気汚染が劇的に改善したそうです。 場所によっ ては50%も・・・ 

中国でも青空が見えたり インドでも大気汚染によって見えなくなって数十年と言うヒマラヤ山脈がはっきり見えるまでに改善したそうです。 

この数年 世界のリーダー達が環境を規制して地球を守ろうと言って来ましたがほとんど効果がでず世界終末時計は刻を刻み続けています。今後 徐々に社会が動きだし 以前の様に大気汚染が広がりを見せると思いますが ひとり1人が不必要な生産・消費を抑えようと考えるだけで世界が変わるのではと 考えさせられました。

雑記 no.44 ミライの足音・・

結構前からワイヤレス充電器を見かける様になりました。 例えば コネクターを差さずに置くだけでスマホを充電したり 電動歯ブラシ等 水が廻りそうな製品も充電端子等無く置くだけで充電と言った感じです

それだけでも ふぅむって感じでしたが・・・

近年 国内外問わず ワイヤレス電力伝送システムの実用化に向けて実験・開発が進めているのは聞いていましたが  過日 東大の研究チームの実証実験成功が発表されました・・・  実験施設は3m×3mのモックアップで 電源を供給するコンセントが無い部屋で 家電機器をコンセントを差さず使用したり充電をすると言った事が成功したそうです 色々な取り組み方があるそうなんですが 今回の実験は部屋自体に磁界を作った様ですが すごい事です。 ワイヤレスで電気,のちに通信等を場所を問わず使えると言うと メリットが図りしれないと・・ ただ 電磁波的な物が人体 動物に与える影響が度々疑問視されているので どうなんだろうっとは思いますが 開発する方達によってクリアーしていくのでしょか? ちょっと 便利すぎて怖いですねぇ

雑記 no.43 考えが及ばず・・・

改修工事をしている建物の排水が浄化槽ではなく汲取り式でした。 そこでピンっとこなければいけないのですが・・・

私は簡易水洗用便器を把握していませんでした。 確かに汲取りの便槽に普通の水洗用便器を取付ければ 排水量で あっと言う間に汲取りになってしまいます。 

なるほど・・です。 汚水・汚物を排出するのに ほとんど水を必要としない便器 昔のぽっとん便器の考え方で臭気があがりにくく考えられているという。 衛生器具メーカーでも一部でしか 扱っていなく 接続配管の考え方も変わって来るようですが 改めて 勉強不足を痛感しました。 大反省です。

雑記 no.42 個人的に グレタ さんを応援しています

ダボスでの世界経済フォーラムでトランプ大統領がアメリカ・ファーストを唱え続け「米国は世界がこれまで見たことのないような好景気の真っただ中にいる」 各国も習うべきだと・・ 

米政府がまとめた気候変動に関する報告についても信じない パリ協定離脱 地球の温度上昇は人間活動が原因だという説を否定・・・ って そんな訳ないでしょう!  ※※※そんな中 「がつぅ~ん」と来る言葉が 16歳の環境活動家 グレタ・トゥンベルク さんの 世界のリーダー達が「子どもたちは心配しなくていいと、『私たちに任せて。解決するから。あなたたちをがっかりさせたりしないよ。そう悲観的にならないで』 ・・・「そして、何もないのです。 私たちに必要なのは『低炭素社会』ではありません。私たちは、『二酸化炭素の排出量を削減する』必要はありません。温暖化を1.5度以下に抑制するためには、排出を止めなければいけないのです」 2020年にどうする・・2030年までには こうする なんて目標意味がありません 今直ぐに止めて下さいと・・もう遅いところまで来てしまっている今 未来を残す為に 『ネット・ゼロ』については忘れてください。必要なのは『リアル・ゼロ』と グレタさんの言葉を受け世界中の若者が共感し行動を起こし始めているそうです。 快適な消費する社会が出来上がっている現在 簡単にはいきませんが考えていかなければ

雑記 no.41 もう遅いかもしれません・・・ ツケを払う時期が迫って来てます。

前にも雑記で取り上げましたがマイクロプラスティック問題・・深刻です。環境問題を考えようと言う昨今ですが実際にプラスティックごみが どうなっているか御存知でしょうか?

排出量,再処理,等から 処理されず既に世界の海洋にあると言われているプラスティックごみ」は1億5000万tと言われています。そこへ少なくとも年間800万tずつ増えていると推定されています 紫外線等で微粒子となったマイクロプラスティックが 身近な物 食料用の食塩,岩塩の9割から 魚介類からも8割~4割程見つかっているそうです。 魚にいたっては マイクロプラスティックが含有しているにとどまらず腫瘍を作ったり奇形になったりとの事・・・ 又 プラスティック製のティーパック単一から100億個超えのマイクロプラスティックが放出さたと言う研究結果もあるそうです 現段階では食して人体に影響がどうなるのかと言った結果は出ておらず何十年と言った観察の上でになるのでしょうが・・ 海洋に漂うプラスティックごみ等 研究者達が観測したところ想定より少なかったそうです。 海洋流出推定量の99%が行方が分からなくなっていたそうですが 世界の深海に堆積している事が解ってきたそうです。本来浮くプラスティックがどの様にして深海に運ばれたのかも良く分かって無く謎が多い様ですが マイクロプラスティックは汚染物質等を吸着する事で知られています それを食べた魚介又 陸地の生物 今後 世界にどの様な結果をもたらすのか わかりません。 とりあえず自身の環境モラルを高め続けようかっと。

雑記 no.40 御注意下さい。

最近 太陽光パネルの発電を良くする為 パネルの清掃をしませんか?っと言った飛び込み営業があるようです。 

金額が低料金といった事もあり依頼すると宅内の水道を使って”ちゃちゃ”っとして終わりと言った感じの様です。 私の知っている限り太陽光パネルは過度の清掃は必要無く 水道水で洗うとカルキ,塩素などでパネル表面が曇ってしまう。却って効率が悪くなると考えられます。低料金でも必要無いものは断りましょう。これを行っているのが同業者としたら 悲しくなります。

雑記 no.39 卒FIT 考えていますか?

太陽光発電のFITが2019年から随時終了していきますが,卒FIT後どうされるか検討されていますか? 多々 方法がありますが その中で,あまり知られて無い方法があります。東京電力エナジーパートナーがFITによる買い取りが満了となる住宅太陽光発電ユーザー向けに「再エネおあずかりプラン」と言う物を打ち出しました。月額サービス料4000円を支払うことで、発生した余剰電力を、東京電力エナジーパートナーが一時的に“預かった”ことにし、他の時間帯に使ったとみなすプラン。例えば月の電力使用量が300kWhで、200kWhの余剰電力が発生した場合、ユーザー側は使用電力量から余剰電力量を差し引いた100kWh分の電気料金と月額サービス料を支払うことになる。預けられる電力は毎月250kWh(キロワット時)までで、250kWhを超える分や250kWh以下の使用電力量を上回る分の余剰電力量については8.5円/kWhで買い取りを行う仕組みだ。なお、余剰電力を“使ったとみなす”時間帯は、料金単価の高い時間帯が優先される 月額サービス料を払った上で利点が有るか無いかは電力使用量や発生する余剰電力量による為 検討が必要となるが 選択肢の一つとして 押えておきたい情報でしょうか

令和 2年

雑記 no.38 知を得る為の渇望 怠けていました

現場でなんとなく見た事がある っといった感じで流していました。 今回 埋設管改修をしていて改めて・・・???あれ? 変わった継手が・・ っと言った感じで調べていくと 

技術的には結構前からあってガス管工事なんかに使われて来ていた様ですが 地震後の配管の継手破断状況等のデーターからも耐震的にも耐久的にも優れていると言う事で ここ数年 民間工事でも増えて来てるという事でした。 ポリエチレンパイプをエレクトロフュージョン接合と言う電気融着させる工法で完全融着後は曲げにも圧縮にも優れ100年寿命と言われているそうです 特殊な機器で管情報等をバーコードで読み取り操作していきます 他業種の事とは言え ”ん?”っと感じた事を流さず知識にしていかないと成長が無いなぁ~と痛感した話でした。

雑記 no.37 発想を変えて 出来ないを攻略

手洗いの無いトイレに手洗いを付けたいと言うお話の際 Panasonicさんで出しているアラウーノシリーズなら便器交換の際 便器に来ている配管から給水を取って排水は便器に送る事が出来るのでっと(上右)何度か施工した事がありますが 今回は便器を替えずにと言うお話でした。 通常なら床を破って配管改修が必要ですっと言いたいところですがアラウーノ専用手洗いを改造して外部に配管を持ち出して設置することを計画しました。 横引きの配管用に作られているアラウーノ専用手洗いはキャビネットが小さかったので 普通のキャビネットカウンタータイプ(床排水・壁給水)を改造して 又配管の隠しを違和感なく 同材で仕上げ納める事が出来ました。 2手間・3手間ですが御客様の御要望に近づく様あがいて考えれば攻略出来る物ですねぇ 壁・床傷付ける事無く思っていた以上に快適になったっと喜んでいただけ考える事を怠けてはいけないと感じた案件でした

雑記 no.36 知らない事ってあるもんです

自動水栓が調子が悪いので見て欲しいとの事で確認をさせていただきましたが・・・ 製品はサーモを背負った混合型自動水栓でした。 症状は寒くなって来てサーモによる温度調節をしても お湯が出ないとの事でした 取説 止水栓 給湯ボイラー側 湯 水配管等 色々確認しましたが原因がわからずメーカーサービスに来てもらいました。 同じ手順を調べて不具合が見いだせずに なぜっといった空気の中 サービスマンがストレーナーのごみ確認をしていた時に閃いたのが 不具合が出ている今回の製品は内部で水勢を抑える様に定流量弁が組み込まれている  

ボイラーからの水勢が弱いとボイラーの燃焼に至らない事があると・・ 外してみたら 正常に動作いたしました。 知らない事ってあるもんだなぁ~と感じた一幕」でした。

雑記 no.35 日常にある技術の恐怖・・・追記

雑記 no.34で書いた様に 家庭での日常の中で 何気なく使ってしまう電子レンジに こんなにも制約があり 

使用方法を間違えると大変な事を引き起こしかねない難しい機械 (ある意味 私にとってはオーパーツの様に感じますが)であると認識したのですが 掘り起こしていくと 電子レンジの庫内が食べ物のカスや煮汁 タレ等で汚れていると、そこにマイクロ波が集中してやがて炭化します 炭は電波を良く吸収するのでより多くのマイクロ波が集中し スパークが発生し発煙,発火する事があるそうです 特に庫内のマイクロ波の出口カバー付近はマイクロ波が集中している為 より危険と言えるでしょう 汚れはこまめに掃除した方が良いようです。 又 器も金属製だけで無く紙,木,竹,漆器もNGだそうです。 私達が認識している電子レンジのイメージよりもずっと難しい機械の様です。

雑記 no.34 日常にある技術の恐怖・・・・

ほぼ全ての家庭にあると思われる電子レンジ 使い方を間違えると大変な事に・・・ 電子レンジの原理は簡単に言うと食品に含まれる水分子をマイクロ波で振動させ摩擦熱により発熱させるマイクロ波加熱と言う物です。 

水以外も若干は温まりますが電子レンジの構造上 水が一番加熱しやすいです。その上で 生卵を電子レンジでチンすると爆発するのは皆知っていると思いますが・・・ その特殊な性能故に知らないと大変な事になってしまうそうです。 例えばブドウ 個数とか置く距離にもよるようですがプラズマが発生して発火したそうです。  例えば母乳 凍らせた母乳をレンジを使って高温で温めると、大腸菌の増殖がレンジを使わなかった場合のなんと18倍にも上り 低温で温めた場合も、アイソザイムの活動が著しく減少したほか、赤ちゃんに有害な細菌の増殖していたという。 例えば冷凍フルーツ 冷凍の果物を電子レンジで解凍すると、本来なら体によいはずのグルコシドやガラクトシドが、発がん性物質に変わってしまう。  収穫後すぐに冷凍保存された野菜や果物は、生のまま売られているものよりも栄養価が高いとされているため、冷蔵庫もしくは常温での解凍が良いそうです。 ブロッコリーは含まれる抗酸化物質の97%は、レンジの加熱によりなくなり一方、蒸した場合に失われる抗酸化物質はたったの11%だったという。  ビニール袋・紙袋・新聞紙 に入ったまま食べ物をチンしようとすると発火したり有毒ガスが発生する危険性がある。CD・マッチ棒・爪楊枝も 火花が散りプラズマが発生する。又 レンジをにしたり加熱する物の容量が小さすぎるとレンジのマグネトロンから発生したマイクロ波を吸収してくれる食品などが無いとマグネトロンが発生したマイクロ波を取り込んで故障になりやすいというのだから うわべしか知らず使っている事がありますねぇ~

雑記 no.33 どこまでいけば気付くのでしょうか・・?

以前書いたマイクロプラスチックの問題ですが 汚染は人里離れた山岳地帯でも観測されるそうです。

観測報告されたのはピレーネ山脈の高くない無人地帯でパリの様な都市に匹敵する規模のマイクロプラスチックで空気中が覆われていたそうです。 破片,繊維等を含む10~150マイクロメートルのマイクロプラスチックを観測したそうです。人の髪の毛の幅は平均で約70マイクロメートルというのですから すごく微細ですねぇ。 プラスチックの海洋汚染は鯨の胃の中で20~40㎏のプラスチックが観測されているそうですが 世界中の水道水さらには南極大陸からも発見されているそうです。 1人ひとり 少しづつ環境に目を向けて なんとか変えていかなければ・・・

雑記 no.32 噂は本当・・?

以前から携帯電話から聞こえる声がしゃべってる本人の声ではないのではという噂がありましたが 本当との事でした。 固定電話では声を電気の波形に変え、電線に乗せて送っているそうです。

一方 携帯電話 スマホは ハイブリッド符号化方式という作られた声を聞かせているそうです Siriや初音ミクみたいに声優さんがいての合成音声と違って 携帯電話は あらかじめ決められている「固定コードブック」という音の辞書のなかから、本人の声に近く聴こえる音声コードを探し、組み立てて、喉や口などの形に合わせて、一瞬にして音声をつくっているそうです。 「固定コードブック」は、”音の素”となる組み合わせのパターンが2の32乗、つまり約43億もあり 通話の際 携帯電話の中で、しゃべった声が入力された瞬間に音源と声道のフィルタに分解し、「適応コードブック」と「固定コードブック」に探索をかけ しゃべられた声に似て聴こえるパターンを見つけたら、声道のフィルタの情報と一緒に電波に乗せて、相手の携帯電話に届けます。そうして作られた声に似て聴こえる音」を声として聴いているそうです。 携帯電話 スマホってすごい技術の固まりですね

雑記 no.31 公表されていない事ってあるものです

新築にしろ 改修にしろ 住むという空間が新しくなる際 それに付随する設備も新しくしたいと相談される事があります。 

お客様の気になる所に届く様に最低限の知識はとアンテナを張る様にしていますが テレビの 4K 8K 聞かれる事も多く 今まで かじっている知識を話してきましたが・・・   気になる話を耳にしました。 4K 8K テレビは暗い 高精細な画像を求めて4Kテレビを購入しても 2Kテレビに比べて暗すぎて 2K放送で視聴している人の数が多いとの事。  同じ番組で2K放送と4K放送を同時に見比べてみて あきらかに 4K放送の方が暗い 明るさ調整を最大にして 明るさの差が少し縮まっても 妙に白く浮き上がる感じになったり映像のバランスが悪くなったと言います  これまでに販売された4Kテレビのうち相当数に上る機種で、4K映像の明るさや鮮明さを正確に表現する能力が十分に備わっていないことがわかってきたそうです  専門家が集まっての話で  4K放送が2Kよりも「暗く見えがち」という特性があり その原因がHDR技術 (色の範囲が拡大、映像が本来持つ明るさや色、コントラストを表現できる 技術)というものであると言います 現行の4Kテレビは4K放送を生かす最大輝度が不足していると・・ 又 民放5局の4K番組が2Kカメラで撮られた物をアップコンバートして放送しているのが多い事  最大の要因が 今まで馴染んできた2Kテレビが明るすぎたという事もあるようです 2Kテレビのバックライトの性能が凄く上がりブラウン管時代の3~5倍も明るかったそうです。  メーカー側も実は、4Kテレビの輝度をもっと上げたいと考えているが、そのためには液晶テレビでは大規模な電源(バックライト)が必要になりコストがかかるため、一般家庭が買える価格帯では、そうしたテレビを売り出すことがまだできないでいるようです。 大手メーカーは苦情に対して明確な説明をしてきていないそうですので 先行きは見えていない様です。 まだちょっ早い技術なのでしょうか・・・・

雑記 no.30 すごいと言うか 不思議に感じた恐怖!!

数年前から洗濯後の香る衣類 動くたびに香りが蘇る・・・不思議だなぁ~っと思った事がありませんか?

調べてみるとマイクロプラスチックで作られた超微小なカプセルに閉じ込めた香料が動くたびに破れ香りを放つという 香りを長続きさせるすごい技術です・・・ですが破れたマイクロプラスチックのカプセルは無くなる訳ではありません このカプセルは数十~数マイクロメートル(㎛、µは100万分の1)と超微小で人が吸い込めば肺の奥深くまで入り込む可能性があります。最近 魚など 海洋生物のマイクロプラスチックによる汚染で食す形で体内に健康被害を取り込んでしまうと問題視されていますが この場合 香りの近くにいると呼吸によって取り込んでしまうという事です。 建築でも近い未来に防虫剤 防臭材などに形を変えて商品化される事もあるかもしれませんから 健康被害 人の生き死にに関わる事なので より真剣に考え注意する事だと感じました。

雑記 no.29 すごい!! 自然は困難な問題の答えを導き出すものですね

現代に生きる私達は安直な快適さの代償に プラスチックを手放せずにいます。 

世界的にプラスチックの使用を縮小・制限しようという流れが出来るほど 環境に大きな爪痕を残してしまうプラスチック というのも軽く・加工しやすく・安く・丈夫というこれ以上ない性質をもっている為 毎年八百万トンものプラスチックごみが世界の海に投棄されているそうです。その上通常木材などと違い自然界で分解されないので世界中の海でプラスチックごみ 又そのごみを体内に取り込んだ生物に多大な影響を与え問題視されてきました。・・・・が 今まで自然界に存在しないとされてきたプラスチックを分解し水と二酸化炭素にする事が出来るバクテリアを日本の研究者達が発見し、研究成果をアメリカの学術雑誌『Science』に掲載発表したそうです。 現在多くの研究者が分解能力をより強くしたりと 研究を進めていく様です。プラスチックごみを排出してしまう一員として発見者及び研究者の方々に感謝したく、又 解決策が無いと思われる人間の愚行を自然界は答えを導きだす凄さ 感動です。

雑記 no.28 なるほど~ですね

以前 建築CADの3DCGの第一人者と言われる人の講座を受ける事が出来ました。その過程で 3DCGの作り込みの方法等が正規なやり方ではない 同じ手法で行っていて ちょっとうれしく感じました。その中で自分の描いたデザイン・パース・画像等に責任と愛着が増す様に印を付けると・・・なるほど 確かにと想い印を作って描いたものに入れる事にしました。

その中で自分の描いたデザイン・パース・画像等に責任と愛着が増す様に印を付けると・・・なるほど 確かにと想い印を作って描いたものに入れる事にしました。

雑記 no.27 イニシャルよりランニング

鉄骨造の社屋を建てている際 元設計で天井断熱材の密度が10kg/㎥で計画していましたが 今回の建物構成だと屋根が折板で快適性の上でどうかと 又 工場も兼ねているので音漏れも踏まえ16kg/㎥に変更しました。当然密度を大きくしているので良い方向に改善していくのですが・・・ 作業前 天井内は熱気があり測定時37℃ありました。(写真1) 同時刻 断熱材を敷設し仕上げた天井付近で測定すると26℃でした。(写真2)

外気を遮断などの条件が整っていない時での測定なので正解ではありませんが 明らかに涼しく感じるので

お客様が運用開始してからのランニングコストに影響するなぁ~と改めて感じました。

令和 元年

雑記 no.26 セオリーって大切です

工場の土間コンクリート 打設後 収縮が始まる前に いやらしいクラックが走らない様に

セオリーを踏まえて 誘発目地を切りました。(写真1/2)

誘発目地材に囲まれた機械基礎部でカッターを入れれない部位に 打設後一週間で 想定通りクラックが入りました。(写真3)

打設2か月経った今も 他の計画的に誘発目地を切った部位には クラックは発生しませんでした。 先人がうまくいかず訂正して出来たセオリーは生きた意味がある事を理解しながら勉強し、活用していく必要性を感じました。

雑記 no.25  ※※ 恥ずかしい・怠けていました・

お客様から照明器具が点滅したりしておかしいと・・なぜ (?_?) 配線等を見直しても不具合が 無くわからず? 再度 器具説明書を見直すと・・・ 今回選定した器具は Bluetooth対応でアプリを使ってスマホで電球色⇔昼光色 調光が出来るといったものでした。 色温度等 丁度良かったので調整をしなかったのですが、照明スイッチの入・切を条件下で行うとBluetoothによる調光・調色の設定変更の待機状態で点滅するのだと・・・・ メーカーが時間を掛けて使用する人の利便性を追求して開発しているのに 

物創りをする人間が勉強を怠り お客様の快適性を損なう事になっては・・・ いけませんですね。

雑記 no.24 ※※※※ 期待大きく 感謝感謝 ※※※

温暖化対策のパリ協定の発動を前に アメリカの脱退 協定への足並みが揃わない上 協定制定時に想定していた環境変動の予測数値より 進行が早まって来ているという状況下 環境を保全する上で 責任が大きい建築家として 関心があるニュースがありました。温室効果ガスの6割を占める二酸化炭素を材料にプラスチック原料や次世代エネルギーとなる水素やギ酸を生み出す人工光合成と言う技術を… 国の後押しを受け日本の技術者達が開発に頑張っていると言う。

50年以上前に東京理科大学の藤嶋昭栄誉教授が紫外光をあてた酸化チタンが水を分解するのを発見。その技術が全ての始まりだったと言うのだからすごい。

平成 31年

雑記 no.23 ****ちょっと手こずりました**

弊社のVRシステムの 紹介用動画を作ってみたのですが, VRシステムから 動画を作成し エフェクトをかけて・・・と言った感じですが 久しく動画編集をしてなかったので 中々 スマートには出来ません

雑記 no.22    ご注意を・・・・!

リフォームのお話をいただいた御客様の事前調査の際 電力メーターの中が鳥の巣になっているのに気が付きました。 スマートメーターになる前のメーターでしたが ボックスとメーターの隙間から出入りしていたようです。 メーターの裏側まで びっしり詰まっていましたので

ダニの問題より危なっかしさを感じ可哀そうでしたが撤去しまた 

羽の感じからすると割と大きな鳥の様ですが こんなところに・・って感じです

雑記 no.21   物創りの心 (感動です)

Panasonicの商品勉強会に参加して来ました。 幾つか面白い物が有りましたが その中でも興味 関心したのが

1)建具等のシートの改良   より本物の木に見える様に柄目だけでなくシートを触った時の 触感が 単純なシートでは感じない不揃い間あり 従来のシートと比べ物に ならない位 傷が付かない上マジック等で汚しても綺麗になると言う・・・

2)フローリングの(突板)の凄さ  フローリングの表面の傷が付きにくく改良されているのを落球衝撃試験を 観させていただきました。製品のグローを抑えている状況を測定器で見せていただいたり その中で一番感心したのが フローリングの製造方法を考案し直し その過程で より木の持つ色目を引き出しつつ 又殆ど 日焼けしないと言う 同条件で 試験したフローリングには日焼けが出ていましたが WAT技術で 作られたフローリングでは殆ど日焼けしていませんでした。 さすがのメーカー開発力ですと感心いたしました。
 

物創りに携わる者として うわべだけでなく 御客様に寄り添い ‘より’ 喜んでいただける様

アンテナを張って勉強しなければと想う勉強会でした。

雑記 no.20   時代が変わってきました

出入りさせていただいている施設で変形の飾り棚の依頼を受け・今回の加工は弊社協力会社の木工屋さんでNC旋盤で加工してみました。変形した既存状況をPCでCAD図面化し入力をさせると自動で掘り込み 加工してくれると言った感じです。

ちょっとかっこいいですねぇ~ 加工出来た物を現地に持ち込んで 設置 合わせてみたら 絶妙・・

木工加工も時代感が出て来ました。

雑記 no.19   ****初めて見ました****

輸入住宅の外装補修の相談を受けました。外装タイルの引掛け工法で 下地が窯業系,金属系は良く見ますが この輸入住宅では外断熱材の上に塩ビ引掛けパネルを張っていました タイルが剥がれて期間が経っていた様で 太陽の紫外線によりもろくなっていました。多種工法が有りますが 大事なのは    

適時に保守 メンテナンスをしないと状況が悪くなってしまうと言う事が解る一幕でした。

雑記 no.18   ****ちょっと うれしい****

設計に積極的にパッシブデザインを取り入れ様と言う趣旨の講座に過日 参加して来ました。パッシブの第一人者と言われている野池氏による面白い 講座で、

その時の講習修了証が届きました。ちょっとした事ですが、うれしい物です。

雑記 no.17   ****見落としがちです****

お付き合いさせていただいている施設のサービスメンテに行ってきました。給湯配管を引かず 湯ポット等 貯湯タンクにて お湯を確保する事って案外多いと思いますが、割と 洗面台の中とかに設置して ほぼノーメンテという状態が多いと思います。今回は 湯沸かし時の膨張水の逃がし弁から出る水のトラブルです。逃し弁から出る水を器で受け トラップを経て排水というルートですが、弁から出る水 自体はポタポタといった量ですので 問題無い様に見落としがちですが 微細な埃等が たかり 又それを流し切る程の水流もないので 埃が残っていきます。その埃を媒介に カビが発生して詰まりを誘発していました。給水側に 関連しないので 直接問題はありませんが 実際メンテナンスをしていると 排水管の中が誇りがゼリー状になって 詰まっていました。排水を受ける器と排水口が離されているので 逆入する心配はありませんが 詰まると 溢れて洗面台の中がビタビタと濡れてきます 色々な状況により 色々な症状が引き起こされますが

創った物と長く付合って行くには 大なり小なり定期的なメンテナンスを・・・と感じた一幕でした。

雑記 no.16 ****むずかしいですねぇ****

普段 住宅設計をする際 構造のメンバー 配置 建物のバランス 重心
筋交い計算 等々….. 経験 計算等で 構造のあり様を 詰めて行きますが 、ちょっと新しいアプローチで 地震時に建物の どの部位に どの様な挙動・欠損が現れるのかを観たくて 夜・時間が取れた時に勉強を始めてみました・・・・が・・・ 入力が中々難しく進みません。実際の設計時のデーター入力が出来るのは かなり勉強しないとです・・・

地震のシュミレーションで、神戸タイプとか 実際の観測データーを選べ 挙動を観れるというのは すごいですね。

雑記 no.15  凄いの一言

***ちょっと気になるニュースを見つけました****

建築と言う構造物を考えた時 雨とお日様の影響は大きく 
水による鋼材の腐食の防止・維持も大きな課題でした。 今までは 鉄鋼に発生した錆は薬品で浮かしたり,グラインダーで研磨して削る等でした。 細かい箇所が処理しにくい等大変でしたが、今回 目にしたニュースでは 母材を痛めずレーザーにて錆を浮かせて除去すると言ったすごい技術でした 。一般に普及するまでかなり時間が掛かると思いますが、わくわくする様な話です。 静岡の業者さんが開発したすごい技術の紹介でした。

Yahooニュース引用 https://news.yahoo.co.jp/feature/940

雑記 no.14   趣きが出て来ました

無事 ホテル改修が終わりました。御施主様 意匠設計 元請け 同様に満足していただけた様です。今回 意匠設計で飾り棚の大手が、釿(チョウナ)仕上げになっていました。 頑張って釿を使わず サンダーのみで自作してみました。

規則正しい配列で 荒々しさが弱くなってしまいましたが… これはこれで中々趣きが出て面白いものです。

平成 30年

雑記 no.13   ***選択肢のひとつとして***

あまり 知られていない様な気がしますが3年程前から内装既製ドアのカバー工法が出ています。建物の趣向によっては 既製品のドアも悪くなく・又 ここ数年の既製品ドアは使い勝手・メンテナンス的にも具合が良くなって来ています。そんな既製品のドアが改修工事の際 壁を壊して枠の入替をせず 既存の枠にカバー工法で綺麗にする事が出来ます。

大がかりなリフォームにせず、ドアのみ変えたい際に使えそうです。

雑記 no.12 想いの形

過日 竣工いたしました住宅の写真集が出来上がって来ました弊社の物造りへの考え方 取組に共感していただきありがとうございました。 新たな御客様との出会いに使わせていただくと同時に 感謝の想いを込め写真集を作りました。

早速 明日にも お届けに伺いたいと思っています。

 

雑記 no.11   ***目から鱗***

前から サッシュをオーダーする際、既製品の額縁であれば わざわざ寸法を測って長さを切らず 施工出来る様に 連動して ジャストカットで発注出来るのは業界内では常識だと思いますが、その先があったんです・・・サッシュメーカーさんがカーテンメーカーさんと連携してサッシュの寸法に合わせてカーテンレールから カーテンまで単純発注出来ると言う事です。今回 私が知ったのは Lixilさんと川島織物セルコンさんとの連携でした。まだ頼んだ事も無く   

良し悪しの判断・コスト的に御客様に紹介して喜ばれるのか把握出来ていませんのでもっとアンテナの感度を良くして

御客様に喜ばれる情報発信出来る様勉強しなくてはと痛感した一幕でした。

記 no.10   ***30分の縛り***

知っていましたか? 電気料金のプラン・電化上手が終了し時間帯とかを解り易くしたスマートライフプランというものを! このスマートライフプラン 意外と内容を知らない人が多くちょっと怖いプランです。ー新料金プランは 夜間の割安な時間帯が、これまでの「電化上手」と比較し3時間も短くなり、料金単価も5.21円上昇しています。 一方で昼間の時間帯は、これまでの朝晩・昼間の区別が無くなり、料金単価は最大で13.39円値下がりしています。電化製品の使い方・生活スタイルによっては利点が無いとは言えませんが、ここで重要なのが 基本料金です。契約電力1kWあたり450円となっていますがこの契約電力は30分ごとの使用電力量のうち、月間で最も大きい値を2倍した値を最大需要電力といいその月の最大需要電力と前11か月の最大需要電力のうち、

いずれか大きい値がご契約電力(kW)となります。 そのご契約電力の大きさによって基本料金が決定、 

この基本料金が1年間続きます。現在電化上手プランで契約されている方は、今現在 継続でき、

一般的に 電化上手のままの方が 安く済む様です。一度 真剣に電気の使い方を考えなければと思いました。

雑記 no.9   丁寧な説明を

リゾートマンションの保守維持改修工事の提案型コンペに参加していました。

コンペの際 企画書の趣旨 工事に於ける利点・不具合点の説明を行っていきました。

その後、住戸の方々の質問に答えていく中で改めて一般の方にとって建築という仕事は理解しにくい事なのだと感じました。

業界ボケをせず一般の方に解る言葉で懇切丁寧に噛み砕いて時間を掛け説明をして   

弊社の考え方を理解して、又・信を得る事が出来 受注させていただきました…

主役であるお客様を置いてきぼりにして受注したがる業者さんが多いとの話も聞き、改めて誰の為に説明しているのかを考え説明の仕方等を根気よく丁寧にする必要を考えさせられました

雑記 no.8  想いを込めて

20年ほど前に手作りした表札が痛んできたので、年始の休業中に看板を作り直してみました。今年は より一層 御客様側に立って 物創りをしたいとの想いを込めて… デザインナイフ一本で切ってみました 首筋に疲れを感じながら看板を作り終えた頃 インテリアデザイナー試験の合格通知が届きました。

普段接している世界と違い 若干 戸惑いましたが、新しい事を学ぶのは楽しいですね。

平成 29年

雑記 no.7  先進技術の罠 (配管の妙)

今回は排水のお話です。 昨今の eco意識もあり 節電、節水製品が増えてきています。その中で今回注目したのはタンクレス便器。電気的、機械的に強い水流を作り出し 少ない水量で排水する・・・・・ 少ない水量と一言で言いますがどの位かと言うと 以前の便器は(大)13L タンクレス便器は メーカーにもよりますが (大)4~5L程 凄まじい節水量です・・・ 機会があれば 気分も一新するので便器の交換をと言った話も多くありますが・・・ ここで注意したいのが 既存の配管です。メーカーの仕様で 配管径75φ 1/100で2曲がりの条件下で10m搬送性能となっています これが確保出来ていなくて詰まるケースが良くあります。 又 新築でも業者さんによっては配管は太い方が良いと考える人もいますが少ない水量で水流の勢いで搬送するのですから

配管が太過ぎると水が汚物を追い越して行き詰まって行くといったケースもあります。

若干の水量不足(水勢)の場合はメーカーによっては便器の排水水量の変更モードがありますがその辺も考慮して計画したいものです

雑記 no.6  外気の汚れ

以前 新築させていただいた施設に定期点検に伺いました。その際導入していただいた空気集熱型床暖房換気システム ‘そよ風’ (工房+Plusでも紹介しています)の具合の確認をしました。 この ‘そよ風’ は軒先から取入れた空気を  

太陽熱で暑くなった屋根の中で暖めてマイコンにて外気温、室温等の制御を行い館内の暖房に活用するシステムで 

自然の恩恵を利用して快適に過ごそうと言うもので非常にecoなのですが 

外気を取入れて館内に流す為、フィルターを経由して行います。 最近吹き出し量が少し弱くなったかな?というお話でフィルターの交換をしてみましたが

外気って思っている以上に汚れているんだなぁ~と痛感しました。

雑記 no.5  あかりと影の妙

今回は明かりのお話です。御客様から照明器具のライティングについて考えて欲しいと要望がありました。 ライティングと言うと採光,照明器具,照明方法で建物,居室を空間として演出するのに欠かせない物です。

見せ方によっては本来の姿を幾重にも引き上げる役割を果たしたり、また 見せ方によっては逆の結果になったり。

大事ですねぇ~・・ ・・・メーカー・電気屋さん任せではなく独自のイメージを思案したいものです。企画・設計をする際 照明は単に明るくすると言う考え方の先に良い意味で無駄となる演出をすると言った考え方を持ち続けたいものです。

ただ 明かりを演出するのは一般よりも無駄な考え方が入りますので、イニシャルコスト等、御客様と御相談の上でですね!

雑記 no.4  家族のために

あなたは愛犬家ですか・・・?  今回は家族<ペット>のお話です。

建物を新築するにしろ リフォームするにしろ、床に何を使うかは 部屋のイメージを決める重要な要点だと思います。 

・・・上記を踏まえた上で・・・

私は愛犬家です。家の中で一緒に暮らしています。愛犬が若い時は、フローリングが滑ろうが足腰で踏ん張って全然平気で走っていました。ですが・・老犬となってくると若い時の無理が出て来て急に立てなくなったりします。知らないうちに骨折していたり 関節の病気になったり・・・ (俗に言うフローリング病ですね) 愛犬にとっては ‘滑る’ は重要なことです。床をタイルカーペットとかにするのも一案です。それでもフローリングにしたい場合は、フローリングの表面に滑り止めの加工をするといった方法もあります。安価な物だとワックスみたいに塗るだけの物もありますが、短い期間で,すぐ剥れ出してしまいます。 剥れにくい物は洗浄から始まって滑り止め剤を光重合硬化という技術で瞬時に固めてしまいます。    

床材の傷防止にもなり本当に滑りませんのですごく良いですが・・・ かなり高額です・・・

猫については良く解かりませんが愛犬家の皆さん 家族の事ですから, その辺の事も考えておくのも必要かもしれません 

雑記 no.3  屋根の保守・維持のイニシャルコスト

今回は コロニアル葺きの屋根のお話です。大多数の人が 建物を建てた後の維持費を考えていないのが実状だと思います。その中で 屋根の維持は割と大きな話ですね、巷で 塗装業者が飛び込みで屋根の塗り替えをしませんかと営業を掛け簡単に工事をしてしまう方もいる様ですが・・ まず 一般的なライフサイクルでコロニアル葺きの屋根が20年。 その間に塗膜の塗り替えを行なって期間の延命をするのですが段々製品の硬質化により反り割れが発生してきたりします。 業者によってはコーキングを打って終わりというところもある様です。シーラー,塗膜にしてもポリウレタン,アクリルシリコン,フッ素と言った感じで持ちも5年~10年・・もちろん下処理によっても変わってきます。 もちろんコロニアル葺き 塗装が悪い訳ではなくケースバイケース、

突発の保守工事に対してお客様の御予算の問題が有りますが初期費用が高めでもライフサイクルが長くほぼノーメンテな屋根材を選定するのも 一案です・・・ 

雑記 no.2   製品の活かし方

常に学習は必要ですね 。メーカーさんが従来より高効率な太陽光発電パネルの説明したいと来社されました

メーカーさんと質疑を重ねていく上でパネル以上に興味を引いたのが蓄電池…

私は認識が甘く 蓄電池は売電契約中はあまり意味が無いと考えていました…が 太陽光と考えを切り離して安い時間帯の電気で蓄電して日中使うという こう言う発想は無かったです。      

知っていると思っている事でもいろんな意見を聞き良い所を選択してお客様に提案出来ればと考える一幕でした。

雑記 no.1  熱交換のなぞ

今回はエコキュートの風呂リモコンのお話です 。

お風呂で湯を流していないのに 追い炊きをすると急激に貯湯量のメーターが減る事があるけど ? と言った話を聞きました

取付業者さんは解らないと言って帰ってしまったそうですが気になったのでメーカーサービスと話をしてみました

現行のエコキュートは熱交換器でお湯を沸かしますがリモコンに表示されてるメーターは残っているお湯の量ではなくタンク内の設定温度で使えるお湯の量と言った感じでしたですので 追い炊きなのでお湯を流していないのに・・・・・と思いがちですが熱交換でタンク内の設定温度で使える湯量が減るからとの事だそうです割と この疑問を持つ人が多い様ですね

平成 28年